訪問看護で勤務

雨の日の注意点

雨の日の訪問着でも少しお話ししましたが、雨の日の注意点をお話しします。

雨の日の注意点

視界が悪い

レインコートのフードをかぶり、サンバイザーを装着しているため視界が悪いです。特に左右はフードに視界が遮られます。また、雨が強い日はサンバイザーに雨が強く当たり、前が見えずらいです。

滑りやすい

自転車に乗っている人は分かると思いますが、雨に濡れて滑りやすい箇所がいくつかあります。

マンホール
排水溝
点字ブロック
黄色に加工してある車道と歩道のなめらかな段差

ここはなるべく避けるようにしています。雨の日にここの上を運転した際、滑って転んだことや転びかけたことが何度かあります…。

音が聞こえづらい

フードをかぶっていること、雨の音もあり、音が聞こえづらいです。近づいてくる車に気づかないこともあります。

傘をさしている歩行者とすれ違うとき

なるべく距離をとってすれ違うようにしています。その際は後ろからの車やバイクなど、近づいていないか注意が必要です。視界が悪いですが、確認の際もしっかり後ろを向くようにしています。

対策は速度を落とすこと!

視界が悪い、滑りやすい、音が聞こえづらい、傘をさしている歩行車とすれ違うとき、どのようにしたら安全に走行できるのか。それは速度を落とすことです。晴れの日より危険がある雨の日の運転ですが、速度を落とすことでより周りに注意ができ、転ぶリスクも減り、事故にあうリスクも減ります。

「訪問時間に間に合わない!」と思って焦って自転車を運転することもあるかもしれませんが、危険です。私自身、雨の日に滑って自転車ごと転んだことがあるのですが、幸い自動車が通っておらず大きな事故にはなりませんでした。体のいろんなところにアザができましたが…。ゆとりのある移動時間にできるよう調整しましょう。

特に雨が強い日に訪問時間に間に合わないとしても、利用者さんに「雨が強くて移動に時間がかかります。到着時間が遅れます」と伝えれば納得していただけます。ここで納得していただくためには信頼関係ができているとより納得されやすいですね。信頼関係の構築については良い印象をつくるポイントをご参照ください。

無理な運転はしないよう、安全第一で移動しましょう!
ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。