自己紹介

私が看護師になったきっかけ・理由

プロフィールを開いてくださりありがとうございます。

看護師の方、日々看護業務お疲れ様です。

私は病棟で7年勤務し、訪問看護師に転職しました。

現在週3日、日勤のみのパートでゆったり勤務をしており、副業もしているので十分生活できています。

フルタイムで働いていた頃は激務とリスクに見合わない対価、自分の健康はおざなり、看護師の働き方に日々疑問を感じていました。

家族のために、患者さんのために、職場のために。

と思い日々頑張っていましたが、自分の幸せのために生きても良いんじゃないかと思い働き方をガラッと変え副業を始めました。

私は今、毎日幸せを実感しながら生活しています。

あなたはいかがでしょうか。

自分に無理をしていないですか?そろそろ自分のために生きても良いのではないのでしょうか?

いきなり言われても…と戸惑うかもしれません。

まずは私のことをあなたに知っていただきたいので、自己紹介を書きました。ぜひ読んでください。

看護師になったきっかけ

私は小さな頃からお父さんが大好きで、お父さんがどこに行く時も着いていく、いわゆるお父さんっこでした。お父さんがお手洗いに行く時も…。

お父さんが知らないうちに出かけたときは号泣。

携帯電話が普及し、父が携帯電話を持つようになると毎日「何時に帰ってくるの?」と電話をかけていました。

そんな大好きなお父さんに物心ついた時から「看護師になるんだよ」と言われ続けていました。

当時おばあちゃんが入院しており、お父さんに連れられて毎週病院に面会に行っていました。

その時の病院の印象は気味の悪い異世界。

照明が薄暗くて、真っ白な殺風景な部屋。車いすや寝たきりのお年寄りが多く、クリーム色のカーテンで隣の人と仕切られ、独特なニオイがする、普段私が暮らしている世界とはかけ離れたところに感じていました。

面会の時にたまに看護師を見ることがありましたが、ただ淡々と働いている「病院で働いている人」というイメージ。その姿をみて「看護師になりたい」とは思ったことはありませんでした。

大好きなお父さんでしたが、何度も「看護師になるんだよ」と言う父に嫌気がさして保育園の卒園文集にある将来の夢には「ケーキやさん」と書きました。

「ケーキやさん」と見たお父さんは少し悲しそうな顔をしていたのを覚えています。そして「はるかは看護師になるんだもんな」と言われました。

悲しそうなお父さんを見て「大好きなお父さんを傷つけてしまった」と思い私の心が傷つきました。

お父さんを傷つけたくない、私も傷つきたくない、お父さんがなってほしいと思っている看護師は素敵な職業なんだ、私は看護師になるんだと幼いながらに思いました。

看護師になる!とさらに決意を固めた

私が小学校1年生のときに弟が生まれました。

それまでは私が可愛がられることが多かったのに、弟が生まれて激変。

お父さんに着いていくのはまずは弟優先。お父さんが運転する車に乗るときは、お父さんの膝の上は私の場所だったのですが、いつのまにか弟のポジションになっていました。

知らないうちにお父さんが出かけると寂しくて号泣していた私でしたが、運転席のお父さんの膝の上に弟が乗って出かけたところを見ると、寂しさと悔しさで大号泣でした。

お父さんに自分を見ていてほしい、褒めてほしい、看護師になったらきっとたくさん喜んでもらえる。

それからは将来の夢は?と聞かれるたびに「看護師」と答えていました。

看護師になった理由はもうひとつあります。

私には幼いころから大好きなひとがもう一人いました。

いとこのお姉ちゃんです。

賢くて、優しくて、スポーツもできて、器量も良い。週末になるとお姉ちゃんと遊ぶために、いとこの家に泊まりに行きました。

そのお姉ちゃんは看護師になりました。

大好きなお父さんがなってほしいと思っている看護師、そして大好きないとこのお姉ちゃんは看護師になっている。

私はやっぱり看護師になるんだ!!とさらに強い決意が生まれました。

看護師の職業以外になりたいなんて思いませんでしたし、選択しようと思いませんでした。

夢を持ち続け高校を卒業し、看護学生に。試練が待っていました…。

\LINE公式アカウントやってます/
ご意見・ご感想・ご質問お待ちしています。

友だち追加
ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 詳しいプロフィールはカテゴリーの自己紹介からどうぞ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です