訪問看護で勤務

訪問看護の魅力!外に出られる

先日の訪問看護って楽しいの記事。

その中にあった「外に出られる」についてお話ししようと思います!

訪問看護の魅力!外に出られる

外に出られるとき

1日のスケジュール

 私の勤務している訪問看護ステーションはこのようなスケジュールになっています。

 出勤(事務所)
 ⇒朝の打ち合わせ(通常の予定と違うことがあれば伝える)
 ⇒訪問
 ⇒事務所か外で昼食
 ⇒訪問
 ⇒事務所へもどる
 ⇒終礼(利用者さんのいつもと違うことがあれば報告)
 退勤

 

外に出るのは訪問に出るとき

訪問に出る=外に出ることができます。

訪問がない時間は事務所で過ごしています。

外の空気って気持ちが良いです!

 

外に出ると季節を感じられる

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬のちょっと寂しい木々。気温の変化やにおい、鳥の声。季節感を感じられます。

梅雨の季節

梅雨の季節。いつ雨が降るかもわからないので、この時期は雨具を常備。雨具の脱着が面倒くさかったり、雨が強いと前が見えづらかったり、自転車で滑ったり…。

マイナスじゃんって思うかもしれませんが、それ以上に得られるものが多いです。

雨の中咲いているあじさいや、木々が潤っている姿をみて、自分のこころも洗われる感じ。

雨にもいろいろな種類の雨があります。英語で雨は「rain」ですが、日本語は雨の表し方がたくさんあります。大雨、しぐれ、片しぐれ、霧雨、小雨、通り雨、夕立、長雨、にわか雨などなど…

時期によって雨の種類も違います。

 

病院の閉塞感が嫌だった

病棟は白い無機質な壁、代わり映えのない風景。病棟にいるのがほとんどで、移動は検査の移動介助や、お昼ご飯買いに行くとき。

ナースコールやモニターのアラーム音が耳に残って。モニターのアラーム音がなってないのに、聞こえる感じがして。

ただ毎日が淡々とすぎる。

勤務しているときはそれが普通だったのですが、自宅に帰るときに虚無感。

ルーチーンをこなしている日々でした。

 

外に出ると元気になる!

病棟の患者さんも、訪問で行っている利用者さんも、「外の刺激」が必要ではないでしょうか。

それは私たちも同じです。

朝太陽の光を浴びて、空気を感じて、思いっきり空気を吸って。

目、耳、鼻、口、肌で季節、一日の変化を感じて。自然に元気をもらってるな~!健康!と思います。

 

外に出られるメリット

今回は訪問看護の魅力。外に出られる!そのメリットとして

外の空気がすえる

季節を感じる

元気になる

ことをお話ししました。

またの機会に「外に出ると元気になる」について焦点をあててお話ししたいですね。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。