訪問看護で勤務

訪問看護って、大変?つらい?

訪問看護って大変?つらい?

訪問看護ってイメージいかがでしょうか?

訪問看護の求人には「病院経験年数3年以上」「病院経験年数5年以上」と書かれていることもあります。これをみると、看護師としての経験年数がないとできない、大変なのかなと思いますよね。

実際働いて大変だと感じたことをお話ししたいと思います。

利用者さん、家族が中心となる

病院だと医師の指示に基づき看護師が業務を行う、患者さんは受け身の立場になります。患者さんは病院の規則にのっとって入院生活をしています。
一方、在宅は利用者さんや家族が中心となり、周りがサポートする形となります。生活している場に私たちが入ることになります。利用者さんや家族の生活スタイル、希望にそうことが優先となります。

病状的に禁酒しないといけない利用者さんが、少しのお酒を楽しみに、生きがいにしていたら…。ここは看護師によっても「絶対の禁酒指導をする」「少しなら良いんじゃない」と判断が分かれることがありますね。病院だったら飲酒なんて絶対ダメですが、在宅ではどうなんだろう?そのようなことを考えさせられます。

 

自宅環境に合わせた看護介入が必要

病院によるかもしれませんが、病棟で勤務していた新人の頃は、看護手順のチェックリストがありました。1人で看護が実践できるように、看護手順にのっとったチェックリストがありました。先輩にチェックリストをみて合格か、不足しているところがあるか確認してもらいました。合格した看護手順から、業務が1人でできるようになるんですよね。これは設備が整った病院だからこそ看護手順にのっとることができます。

利用者さんの家は病院とは異なるので、病院のような物品の準備はできません。病院で実践してきた看護の応用となります。自宅にある物品を駆使したり、利用者さんのできる範囲で準備していただいたりして実践ができます。正しい看護手順のベースが必要となります。

家でのルールもあるかもしれません。例えば、荷物の置き場所や、物品の場所、片付け方。利用者さんや家族によっては物品を触られたくないというのもあるかもしれません。あと、きれいではない家もあります…。

 

家に1人で訪問する

病棟や外来、クリニックだと看護師やその他のスタッフもおり、何かあればすぐに相談ができます。スタッフ全体ですぐに共有、対応ができます。在宅は基本的に1人で訪問のため、何かあった際は自身でアセスメント・判断しなければなりません。

<例>
患者さん、利用者さんが転倒し頭部打撲した場合 病院だとバイタルサイン測定、神経症状がないか確認、頭部の検査ができます。在宅だとバイタルサイン測定、神経症状がないか確認、病院受診が必要かどうかを判断しなければなりません。状況によっては管理者や主治医に連絡して相談も可能ですが、すぐにレスポンスがない場合もあります。

1人でアセスメント・判断するためには正常・異常が分からないとできません。病院などの勤務年数=1人でのアセスメント・判断能力があるとみなされることが多いです。

 

利用者さん、家族との相性

先日営業についてお話ししましたが、利用者さん、家族も同じです。まずは関係性を築くために好かれること!
上でもお話ししましたが、訪問看護は生活の場に入ることになります。いつも生活している場に訪問スタッフが週1、2回定期的に訪問しますが、感じの悪い人や信頼できなさそうな人には入ってほしくないですよね。良い印象をもたれることで関係性が築け、良い看護につながります。

例えば、薬の自己管理が全くできていない利用者さん。関係性が築けていない時は薬に触れることも嫌でしたが、次第に看護師に薬の管理の相談ができるようになったとか…。そして、利用者さんやご家族が在宅でどのように過ごしていきたいか、思いや本音が聞けることもあります。

 

天候の影響

これは主に自転車移動の訪問看護ステーションとなります。雨でも風でも関係なく訪問します。雨の日はテンションが下がります。さすがに台風や雪の場合は事故につながる危険があるため、バスや電車、徒歩になりますが、1年でも1回あるかなーくらいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?病院も在宅も対患者さん、対利用者さん、病気を抱えながら療養している方と関わることは同じです。根本は変わりませんが、利用者さんがその人らしく生活できるようサポートする立場、利用者さんが生活している場に入ることが大きな違いかなと思います。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。