転職への道のり

面接で聞かれること②(事前情報)

面接で聞かれること➁

前回に引き続き面接で聞かれることのポイントをあげていきます。

➀志望動機
➁職歴
➂退職(退社)理由
➃看護観
➄インシデント経験
➅家族構成

前回は➂退職理由までお話ししました。
➃看護観からお話します。

④看護観

看護観とは看護師としての信念や、大切にしていることになります。
今まで看護観を記載、述べる機会が多かったのですが(以前勤務していた病院で何度もありました)

患者さん、患者さん家族に寄り添った看護ができるよう、身体、精神的なサポートをしていきたいです。そのためにも、日ごろからコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていきたいです。

と言っていました。
看護観は人それぞれですが…
勤務希望先の信念、理念とマッチしていると、採用側からは好印象だと思います。
在宅系のサービスへ転職する場合は、そこにも触れると良いかと思います。

利用者さんがその人らしく過ごすることができるよう、身体、精神的なサポートをしていきたいです。利用者さんの家族、介入しているサービスから地域へ、視野をひろげていきたいです。

在宅系サービスも取り入れた看護観になりました。

➄インシデントの経験

経験たくさんありますよー。
インシデント報告書を何回書き、カンファレンスを行ったか…。
インシデントは悪いことではありません。
インシデント報告の目的は「なぜ起こったのか要因を明確にし、対策を考え、日々の業務に活かすこと」です。
ここで採用側がみていることはインシデントをどのように振り返り、対処しているかです。
インシデントを経験したことがない看護師はいないと思います。
「インシデントは経験がありません」だと、インシデントに気づいていない、客観的に物事をみれていない人と思われることになります。
過去の実例を挙げ、要因、予防策、述べれれば良いかと思います。

➅家族構成

私の場合は夫と2人となります。
特に新婚の場合は小さいお子さんがいるか、予定はあるかというのも聞かれる場合があるそうです。
小さいお子さんがいると保育園や幼稚園は決まっているか、送迎の時間は勤務時間前後に可能かということも就職先は気になるようです。
ここは正直に伝えた方が良いです。ここで採用されたいからとウソを言っても「話が違う」となりかねません。
正直に伝えることで配慮してくださることもあります。

予定はあるかという質問へは「考えていません」はウソと思われる可能性が高いそうです。「いずれは授かりたいと思っています」と返答するのがベターです。

面接できかれることの情報をまとめました。
みなさんの転職準備に役に立てると嬉しいです。
次回は実際面接で聞かれたことを記載していきます。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。