訪問看護で勤務

訪問看護は残業があるの?

訪問看護の求人は「残業10h以下」って書いてあるところが多いです。

「残業が少ない」のも訪問看護に就職した理由のひとつです。

実際どうなのでしょうか。

働いてからの実際をお話しします。

訪問看護は残業があるの?

こたえ:ほとんどありません。

なぜほとんどないのでしょうか?掘り下げます!

 

記録はどうしている?

病棟勤務だと、業務が終わって最後に記録して…と記録での残業が多くありました。

 

電子カルテ

私の勤務している訪問看護ステーションは電子カルテなのですが、1人一台ipadが支給されます。

体温、血圧、脈、酸素飽和度の値は忘れないように、測ったら即入力しています。その他文章の記録は、訪問移動中の合間に入力しています。

移動時間は余裕をもっているので合間に記録ができます。それでも終わらない場合は、事務所にもどってからパソコンに入力します。

 

紙カルテ

友人談になります。複写用紙だそうです。

利用者さんの家で書きます。体温、血圧、脈、酸素飽和度、行った看護の項目に丸を付け、特記事項、サインを書きます。原本は持ち帰り、控えを利用者さん宅のファイルに保管だそうです。

事務所のPCで「この方の訪問を何分しました」という「実績」を入力します。

ちなみに、電子カルテだと記録を入力すると実績入力が連動してできます。

その場で書けないこと、利用者さんや家族にみられないほうが良い記録内容は事務所のカルテに追記だそうです。例えば「易怒的」であっても利用者さんの目に触れないほうが良い場合や、「家族に暴力を受けたと言った」という内容は家族にみられると良くないこともあります。

 

訪問終わりの時間から退勤まで、時間に余裕をもつ

9時~18時勤務だとしたら、18時に退勤になります。

私の勤務している訪問看護ステーションは、各スタッフで訪問時間やルートを調整します。18時に退勤できるよう、遅くても17時には最後の方の訪問が終了できるようにしています。

事務所に戻ったら衣類の洗濯、終礼があります。

終礼はあるところとないところがあるよ!

 

しかし、月末は残業が…!

書類作成がある

月末はその月の訪問看護報告書、翌月の看護計画書作成があります。

訪問看護報告書、看護計画書とは…月初めに主治医、ケアマネジャーに両方渡します。利用者さんへは計画書のみ渡します。

勤務時間内に書き終えれば良いのですが、訪問件数が多いと時間内にできないこともあります。

〆切までには完成しないといけないので、時間内にできないときは残業することになりますー…!

MAXで残業したときは一度、21時まで残業していました…。なるべく月末に訪問件数が多くならないよう、月1回の訪問は中旬までには訪問するようにしています。

 

時間外にみんなが雑談しているときは、さっと帰る

残業になるか分からないですが、みんなの話が盛り上がっているときってありますよね。

話をしてても良いのですが、私は「もう時間ですね!お疲れ様です~お先に失礼します~」とさっと帰っています。早く帰りたいです。

それで何か言う人はいません(多分)。

次の日に「おはようございます~!」と元気に挨拶すれば大丈夫です!

残業をしない働き方が大切

訪問看護ステーションによっては、残業をしなよいように配慮してくれることもあるかと思います。

訪問看護は1人で訪問することが多いです。上で話したような残業しないような工夫も大切です。

まとめ

記録を空き時間に書く 
移動時間も余裕がもてるようにしています。
安全運転もできるし、記録も書けるし、移動時間に余裕があるのは良いことです。

1日の最後の訪問終わりの時間から、退勤まで余裕をもつ 
私の場合は遅くても17時までに訪問が終了するようにしています。

月末が書類作成があるので、空き時間ができるようにする 
月1訪問の利用者さんは中旬までには訪問する。

定時になったらさっと帰る

 

残業時間は求人情報に書いてありますが…残業を「する」「しない」も個人の能力だと思います。

 

ちなみに…固定残業代

私の勤務しているところは、固定残業代(20時間まで)があります。

基本給+固定残業代が支給されています。

20時間以上残業することはないので、残業しても、しなくても給料は変わりません。

だったら残業せず、帰りたいよね~!

\記事を書いたはるかのプロフィールはこちら/

ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 詳しいプロフィールはカテゴリーの自己紹介からどうぞ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です