転職への道のり

訪問看護のインセンティブ制度って良いの?現役訪問看護師が紹介

昨日は訪問看護に転職するときのポイントを書きました。

そこにインセンティブ制度についてお話ししたのですが、インセンティブ制度にはメリット・デメリットがあります。詳しくお話ししたいと思います。

訪問看護のインセンティブ制度って何?

たくさん訪問するとプラスでお金が入る制度です。訪問件数や訪問時間によってインセンティブが入ります。訪問看護ステーションによって基準が違います。

 

訪問看護のインセンティブ メリット

訪問した分給与に反映

病院やクリニックだとインセンティブはありません。

「インセンティブがもらえる」って新鮮に感じますよね。

私自身インセンティブが入ったときは、すごく嬉しかったです!頑張った分給料がもらえるのは嬉しいし、モチベーションが上がりますよね!

 

訪問看護のインセンティブ制度 デメリット

インセンティブのデメリット 忙しい!

インセンティブをたくさんもらっているというスタッフもいます。しかし、そのスタッフのスケジュール…過酷です。

<訪問件数がとても多いスタッフの一例>

始業前に訪問に出発、休憩時間はとれない、移動時間も短い、事業所に戻る時間も遅い。終業時間外に事務所に戻ることも。記録は勤務時間内に書き終えられない。残業する。残業は固定残業代(みなし残業)に含まれているため、残業代はでない…。月末の報告書、計画書ももちろん勤務時間内にはできず、残業時間がどんどん増えます。

 

インセンティブのデメリット 休みがとりづらい!

有給を使いたいとき、体調が悪いとき、休みがとりづらいです。

代わりに訪問に行けるスタッフがいれば「代行」を依頼するという形で休みを取ることができるのですが、訪問件数がとても多いと「代行」では補えません。利用者さんの訪問を「お休み」することになります。場合によっては「お休み」でもやむを得ないです…。

実際、訪問件数が多いスタッフは全く有給を使用していません。

 

インセンティブのデメリット 報告・連絡・相談の時間がとりづらい!

事務所に戻る時間があったり、訪問時間の間隔があいていると、他職種とも報告・連絡・相談がしやすいです。

ですが、事務所に戻れない、移動時間が短いとなかなか連絡がとれません

電話してもすれ違いだったり、遅くに事務所に戻ってからFAXしたりと残業につながります。

利用者さんの安全を守るためにも、報告・連絡・相談をすることは大切!

 

訪問看護のインセンティブ 時間と健康を考える

フルタイム(正社員)だと8時間勤務+休憩1時間となっています。

休憩時間を削ってまで9時間勤務するのはいかがかなと思います。残業もして。休みもとれない。体調が悪くても無理に出勤する。

実際、こんなに働いているスタッフが楽しそうにしていることはみたことがありません。口を開けば何かしら不平・不満が多くでています…。心も体も不健康かなと思ってしまいます。私がみたことないだけで、フルに稼働しているスタッフで幸せな方もいるかもしれません!

 

訪問看護のインセンティブ 経営者目線

給与+インセンティブ制度はスタッフのモチベーションがあがります

スタッフは「もっと訪問に行こう」と思って、営業を頑張り、依頼が来たときは自分のスケジュールに訪問をどんどん入れます。結果、会社の利益がでます。

スタッフを2人雇うよりも、1人で訪問件数を多く行ってもらう+インセンティブを導入したほうが、総給与は低く済みます

インセンティブを多くもらっていたとしても、給与が倍になるほどはもらえません。

経営者はインセンティブ制度を導入した方が、スタッフも頑張る!コストも2人雇うよりは費用がかからない!良いですよね。

 

訪問看護のインセンティブ 何を優先するか

ここまでメリット・デメリットをお話ししました。結局のところ「何を優先するか」になると思います。

給与を優先するのか。時間を優先するのか。健康を優先するのか。

医療者としては利用者さんの健康を守る立場。健康は考えてほしいと思います。

スタッフが不健康だと利用者さんも不健康になります!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。