転職への道のり

看護師の転職 訪問看護とデイサービスの面接で聞かれたこと 2

前回に引き続き、面接で聞かれたことをお話しします。

看護師の転職 面接で聞かれたこと パート2

➄デイサービスってどんなことをするか知ってる?

まさかの質問でした。

自宅で過ごされている利用者さんが日中、デイサービスの送迎車で通い、健康確認、リハビリ、清潔ケア、食事をとったり、スタッフの方や他の利用者さんと関わり、交流をしたり…利用者さんを地域で見守る場所だと思います

とデイサービスの見学を思い出しながら…少しつまりながら…返答しました。
こちらはデイサービスについて勉強したつもりでいましたが、聞かれると何て返答したらいいか困惑しますね。
面接官からは

そうですね。一人暮らしの方、家族と同居しててもお昼に家族がいない方、家族がお昼にいる場合でも利用者の気分転換や社会参加、ご家族の介護負担軽減で通われている方もおり、理由は様々です。

体調管理はもちろん、生活する場でもあります。

デイサービスという過ごす場所は利用者皆さん一緒ですが、個々に合わせたデイサービスでの過ごし方を考え、提供しています。

と話されました。デイサービスに見学に行ったときも、個々に合わせていたなーと思い出しました。

訪問看護の面接ではこのようなことは聞かれませんでした。訪問看護も、デイサービスもどのようなことをするのか調べていましたが、自分の言葉で表現するのはまた違いますね。

これから転職される方、希望されるところがどのようなことをしているのか、面接前に自分の言葉で説明する練習をしておきましょう。

⑥施設見学、事業所の説明

デイサービスでは、面接官から資料を渡され、デイサービス施設を見学しながら説明をうけました。

訪問看護では、面接官から資料を渡され、訪問看護事業所の説明をうけました。

事前にエージェントの方からの説明や、ホームページで情報は得ていましたが、その場で、そこで働いている方から説明を聞くとより理解が深まりました。

⑦質問はありますか?

質問!正直考えていなかったです、特に思い浮かばなかったです。面接した3つすべてに聞かれました。

でもここで「特にありません」と言うと「興味がないんだな」と思われるかなと考えました。

1日の流れが知りたいです

デイサービスは以前見学に行ったこともあり(面接したデイサービスと異なりますが)ほとんど一緒でした。訪問看護は2つの事業所で異なりました。

訪問看護事業所➀
 9時 朝礼 担当の利用者宅へ訪問(件数は各自調調整)
昼食 屋外、事業所どちらでも(訪問のルートにより調整)
午後 担当の利用者宅へ訪問(件数は各自調整)
18時 終礼

訪問看護事業所➁
 9時 朝礼
   担当の利用者宅へ訪問(午前2件)
12時 事業所へもどり昼食
13時 担当の利用者宅へ訪問(午後2.3件)
18時 終礼

事業所➀と➁の大きな違いは、訪問件数・時間を各自で組み立てるか、決まっているかになります。

スタッフの人数、職種が知りたいです

事業所の規模、職種は様々です。看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、介護福祉士…。転職先に看護師が何人いるかは気になりました。

病院勤務から初めての転職なので、同じ職種がいたほうが相談しやすいですよね。

⑧面接終了、結びの言葉

聞きたいことも聞けたので(無理やりしぼりましたが、聞けて良かったです。)、面接終了となります。

質問にこたえていただきありがとうございます。御社のお話しを聞かせていただき、一層働きたい気持ちが強くなりました。本日は貴重なお時間ありがとうございました。

と一礼しました。

玄関まで送っていただき、最後に「ありがとうございました」と一礼し施設、事業所を後にしました。

これで面接は終了です。疲れましたー!お疲れ自分!

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。