自己紹介

看護師の体験談、やりがい・嬉しかったこと

つらかった病棟での勤務でしたが、嬉しかったこともあります。

治療は何回かのクールに分けてされます。

1クールは3週間~1ヶ月ほど入院となり、患者さんは1クール終わったら退院、2クール目の前に入院をしていました。

入院の度に関わるので、まるでお店の常連客のような顔なじみになります。

退院、入院の際に私の顔を見て「またよろしくね!」と声をかけてくれると、患者さんに頼られているんだ、認められているんだと思い嬉しくなりました。

年があまり変わらない患者さんがいました。

年の割には痛みがあまり我慢できない患者さんで、少しでも痛みを伴う検査の時は絶対麻酔で眠らしてほしい!という患者さんでした。

麻酔で眠るリスクよりも、それ以上に痛みがあるのが絶対嫌という患者さんでした。

入院当初は「大変だ…」と思っていました。

採血も一苦労です。

何度も入退院、治療を繰り返し、苦しい時間も多くありました。

他愛もない会話もして、つらい時は背中をさすって、痛い処置のときは手を握って。

ひととおり治療を終え、治療で入院することなく外来のみの診察になりました。

外来受診の際に病棟に寄ってくれたのですが、看護師一人ひとりに手作りのクッキーとメッセージカードのプレゼントをいただきました。

メッセージカードには「いつも優しい笑顔をありがとうございました」と書いてありました。

涙がこみ上げてきました。とても嬉しかったです。

改めて感謝の気持ちを伝えられ「看護師をやってて良かった」とやりがいを感じました。

私は人と関わるとき笑顔を大切にしているのですが、忙しい時やストレスが強い時は笑顔を忘れがちです。

そしてきつく当たってしまうこともあります。

その中でも、患者さんと笑顔で関われていたんだ、良かったと思いほっとしました。

仕事をしていてつらい時もありますが、「ありがとう」という感謝の気持ちが嬉しく、また頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

\記事を書いたはるかのプロフィールはこちら/

ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 パート+副業の経緯や私がどんな生活をしているのか、詳しいプロフィールはURLをクリックすると見ることができます☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA