訪問看護で勤務

多職種、家族とのほうれんそう

多職種、家族とのほうれんそう

訪問看護って大変?つらい?の記事で、私が訪問看護ステーションで勤務して大変だと思ったことを記事にあげました。そこと関連するかと思うのですが、今回は医師、ケアマネジャー、デイサービス、ヘルパー、家族との報告・連絡・相談についてお話ししたいと思います。

主治医へのほうれんそう

病院勤務だと主治医も一緒の場で勤務しているため、何かあればすぐに相談ができました。雑談もしやすくコミュニケーションがとりやすかったです。
しかし訪問する利用者さんの主治医は病院勤務だったり、クリニック開業していたり、往診医だったり…様々です。相談が気軽にできません。ちょっとしたことで相談ってしづらいです。
アセスメント・判断して、すぐに主治医に伝えないといけない!ということはすぐに電話します。すぐでなくても良さそうなこと(命に直結しなさそうなこと)はFAXで伝えていることが多いです。

利用者さんや家族によっては主治医への連絡を嫌がる方もいます。「先生に気にしてほしくない」という遠慮?や「自分の知らないところで勝手に連絡して」と不快に思われたり…。キャラクターにもよりますが、利用者さんや家族に「主治医に伝えても良いですか?」と確認しています。「嫌だ」と言われても、伝えないといけないことはこっそり主治医に「伝えないでと言われたのですが…連絡をしたことは内緒で」と伝えています。

 

ケアマネジャーへのほうれんそう

ケアマネジャーへは医師よりも連絡がとりやすいです。
ケアマネジャーのケアプランに沿って訪問看護をしているので、ケアマネジャーも利用者さんの把握をしたい方が多いです。利用者さんに変化があった場合はなるべく連絡するようにしています。
ケアマネジャーも訪問で外出していることもあるので、不在の場合は再度連絡したり、折り返していただいたり、事業所が閉まっている時間帯はFAXを送ります。

 

デイサービス、ヘルパーへのほうれんそう

利用者さんによっていは、デイサービスやヘルパーを使用している方もいます。

デイサービスに通われている方は、個人ファイルがあるため、そちらでデイサービスでの様子が確認できます。
独居の方の場合は、家族が記載する連絡事項の箇所に看護師が記載することもあります。同居家族がいる方の場合は、家族が記載する連絡事項の箇所は同居家族が記載されるので、基本的に記載はしていません。ケアマネジャーを通してデイサービスに伝えていただくことが多いです。デイサービスに伝える内容はケアマネジャーとも共有するので、まずケアマネジャーに伝えると「じゃあデイサービスにも伝えとくね」と言われることが多いです。
デイサービスにお願いしていることは薬の与薬が多いです。体調不良の場合は注意してほしいと連絡しています。

利用者さんによってですが、ヘルパーと連絡ノートを使用していることがあります。独居の方や、体調不良の方に連絡ノートを使用していることが多いですね。日頃の利用者さんの変化に気づいてくださることが多く、助かっています。

 

家族へのほうれんそう

同居家族が訪問時に在宅している場合は、利用者さんについて共有ができます。
同居家族が訪問時不在の場合や、家族と別居だけど家族が定期的に利用者さんに会いに来られている場合は、連絡ノートを使用しています。ノートは何でも良く、横線が引いてあるノートを使用しています。連絡ノートには訪問した際の利用者さんの体調や変化、事務的な連絡事項(年末年始のお休みなど)を記載しています。家族から利用者さんの様子も記載してくださるので、助かります。家族との情報共有も、家族との信頼関係構築につながります。

家族とは別居で遠方に住まれ、利用者さんとほとんど会われない場合は、こちらから連絡することはほとんどありません。あるとしたら利用者さんの命の危機があるときでしょうか…。利用者さんによっていは遠方の家族には迷惑をかけたくない、あまり連絡をしてほしくないと思われる方もいます。そのような場合は利用者さんの許可をとってから連絡するようにしています。

 

まとめ

訪問に関わっている医師やケアマネジャー、デイサービス、ヘルパーなど、事業所が異なるため、スムーズにほうれんそうができないこともあります。しかし、利用者さんをサポートするのはどの職種も一緒です。在宅に関わる他職種が連携して、利用者さんがその人らしく自宅で生活できるように協力するためにほうれんそうをしていきたいです。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。