訪問看護で勤務

訪問看護の魅力 スタッフ同士の距離感が良い

先日「訪問看護って楽しい!」の記事をアップしました。

今回はその中の「スタッフも訪問にでているのでちょうど良い距離感」についてお話しします。

訪問看護はスタッフ同士の距離感が良い

病棟だとスタッフの言動が目につきやすい

言動がみえる環境

勤務していた病棟の看護師は20人~30人でした。
日勤は日にもよりますが6人~10人くらい? 新人看護師がいるときは日勤の人数は多めでした。

病棟勤務だとみんなの仕事がみえちゃいます。ナースステーションでの言動、申し送り、点滴の準備、廊下や病室内…。

新人の時は先輩の目が怖くて気疲れしました。
逆に経験を重ねると後輩の仕事が気になっちゃって

 

 

病院の病棟って小さな世界

その小さな世界でちょっと経験があるだけで偉い態度をとっちゃうんですよね。

職業柄、患者の変化を察知して優先順位を考えて行動するよう指導をうけます。

「周りをみる」ことがスタッフの仕事をみることにもなってしまいますね。  

これが良いのか悪いのかというとそれぞれかもしれませんが。

「周りをみる」にしても「指導のやり方」はありますよね…。ここはまた別記事でお話しします。

 

訪問看護はそれぞれが訪問にでる

基本的に1人で移動、訪問

訪問看護ステーションはスタッフの数は病棟と比較すると少なく、基本的にみんな訪問に出ています。

基本的に1人で訪問します。

勤務最初は、訪問看護の業務を経験するために訪問を一緒に行くこと(同行)や、複数で看たほうが良い利用者さんは2人以上(複数名加算)で行くこともあります。

基本的には1人で移動、訪問のため、他のスタッフと同じ場所で働く時間は多くはないです。

仕事に干渉されない、干渉しない、私にとってはちょうど良い距離感です。

 

 

営業職の方のお話 

営業職の人って営業所の人との関係が良い印象があります。(私の周りの営業職だけかもしれませんが)

その方になぜ仲が良いのか聞いたことがあるのですが、「それぞれが営業に出てるから」だそうです。朝出勤、営業、夜退社になるので、時間によっては社員と会わない日もあるそうな。また、普段直接のコミュニケーションができないからこそ、会えたときのコミュニケーションは楽しいものになる。何日かぶりにあって社員の悪口を言う人はいませんし、その時間を大切にしようと思うようです。

 

病院での経験年数がある

私の勤務している訪問看護ステーションは、病院で何年か経験をしてきたスタッフです。

同じ看護師だと、病院での経験年数、知識・技術もあるため、利用者さんの疾患や治療、副作用や気を付けることなど話も通じます。

いちから説明しなくても分かり合えるので、コミュニケーションもとりやすいです。

一緒にいない環境、経験があるから仲が良いのかも

今回訪問看護はスタッフ同士の距離感が良いとお話ししました。

病棟だとスタッフの言動が目につきやすい

訪問看護はそれぞれが訪問にでる

病院での経験年数がある

について詳細お話ししました。

 

前に勤務していた病棟のスタッフは、個人的に仲が悪かったということはないのですが、(スタッフによっては仲が良くない方々もいましたよ)訪問看護ステーションは全体的に仲が良いという印象があります。

 

病院勤務をしてきたという背景があるから、コミュニケーションも通じやすいし、相手の言おうとしていることも伝わりますよね。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。