訪問看護で勤務

サテライト配属、訪問同行

どきどきしながらサテライト勤務初日。
なぜこんなにどきどきしているか、前回の記事「訪問看護、勤務初日」をご確認ください。
配属されたサテライトはパートの看護師さん、理学療法士さんが配属されていました。
パートの看護師さんにご挨拶。とっても雰囲気良い人!

配属されたサテライトは事務さんがいないため、ステーションで事務さんがしていることもしないといけません。昨日のオリエンテーション説明に加え、サテライトでの1日の流れ、事務作業の説明も受けました。

そして同行!
大まかに同行する利用者さんの情報を教えていただきました。

移動手段は電動自転車!初めて電動自転車に乗りましたが、すごい!ペダルを踏むとすい~と進みます。(東京だと移動は電動自転車が多いようです。地域によっては車や原付もあります。)
人、ものと衝突しないように距離感をつかまないとな、と思いながら、看護師さんの後ろを電動自転車でついていきます。

速い!!!
同じ電動自転車だよなって思うくらいスピードが違う!

後ろを気にかけてもらい、「あ、ごめん。速かったね!」と言われゆっくりこいでくれました。

そんなに速くこげるようになるものなんですか?

慣れるとね~、これが普通になっちゃうよ。

訪問の電動自転車の速さ、おそるべし!!!

15分くらい自転車をこぎ、利用者さんの家へ到着。体感ではもっと長く感じました。

体調確認、内服確認、全身の体操をしました。

1対1で関われるって良いな~としみじみ思いました。病棟では日勤では1日に4~8人の患者を受け持っていたため、なかなか1人の患者さんとゆっくり対話できる時間ってありませんでした。訪問時間中はその人のためだけに向き合える時間。私のしたかったことはこれなんだな~と思いました。

訪問時間が終わり退室。

そして事務所へ。

分からないこと、気になることはある?

と聞かれたので、いろいろ質問。カルテを見ながら教えてくださいます。事業所は紙カルテと電子カルテがありました。電子カルテには訪問の記録、実績を入力します。

説明を受けて、1人の看護師で看るって、ぜ~んぶを把握しないといけないから大変だなと思いました。何人かのスタッフが看ていれば、情報共有や様々な視点からアセスメントができるけど、自分だけが看るのか…とまたちょっと不安に。

でも、やるしかない!

サテライトでの訪問看護の日々が始まりました。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。