訪問看護で勤務

訪問看護、勤務初日

 勤務初日

いよいよ訪問看護師として働くことになりました!

服装はスーツ以外ということで、カジュアルすぎない服装で出勤しました。私以外にも同日入社の方がいました。

スタッフは看護師、理学療法士、作業療法士、事務さん。他の事業所には言語聴覚士もいるようです。

初日は訪問看護ステーションでオリエンテーション。会社の説明、訪問看護の運営、事務作業など…。翌日から看護師の同行訪問訪問に行っている看護師に付き添い、どのようなことをしているのか学ぶ)をすると言われました。

勤務地はサテライト。勤務地の場所は理解していましたが、サテライトというのが良く分かっていませんでした。これは事前に調べておいた方が良かったですー…。

サテライトとは…

英語のsatellite(衛星)の和訳。「本体から離れて存在するもの」の比喩としてよく使われる。引用:wikipedia

訪問看護ステーション開設にあたって、看護師が最低2.5人必要。(管理者は0.5カウント)ステーションから利用者宅までの移動時間がかかり、効果的なサービスを提供できない場合サテライト【出張所】を設置できます。

訪問看護ステーション開設後、病院の地域連携室へ利用者の依頼、居宅事業所や地域包括センターのケアマネジャーへ利用者の依頼をします。案件をいただき、利用者の人数・地域を拡大していきます。拡大の際にステーションから遠い地域に利用者宅がいると、移動時間がかかります。

ステーションから利用者宅までの移動時間が30分、訪問時間60分、戻り時間30分と考えると、計2時間かかります。移動って体力使います。2時間かかるということはステーション近くでの訪問が2件(60分×2や、60分+30分訪問も…)できます。ステーションから遠くの地域に行くより、サテライトを建てたほうが経済的ですね。(もちろん、サテライト開設にかかる費用もありますよ)

ステーション開設後に事業拡大をみこみ、サテライトをすぐに設置する場合もあります。
看護師配置人数はステーションとサテライト合計2.5人で良いです。

私が配属されたサテライトはパートの看護師1人と理学療法士。しかも、看護師は退職予定!!!

えええええー!!!

初めての訪問看護で同職がいなくなるのは辛い…。
不安を抱え翌日サテライトに出勤することになりました。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。