訪問看護で勤務

訪問看護の持ち物、備品 便利なグッズ

訪問するときはバッグひとつで利用者さんのお家に行きます!

1日に何件も訪問に行きます!利用者さんによって看護の内容はさまざま。

バックの中身はたくさんつまっています!

訪問看護の持ち物、備品 便利なグッズ

バイタルサイン測定セット

□体温計
□パルスオキシメーター
 脈と酸素飽和度を測定します。脈拍は数字だけをみるのではなく、触診します。
□秒針のある時計
 脈拍測定に使用します。
□聴診器
 肺音、腸蠕動音、シャント音を聴取します。
□血圧計
□メジャー
 下肢浮腫、腹水など計測します。
□ペンライト
 口の中や咽頭を確認します。対光反射を確認することはありません。(病院ではないので)

 

手洗いセット

□ハンドソープ
□紙タオル
□ごみ袋
 使用した紙タオルを入れます。
□アルコール
 手指消毒、体温計、パルスオキシメーター消毒用です。

清潔ケアセット

□ビニールエプロン
 洗濯できるタイプと使い捨てタイプがあります。感染のリスクが高い場合は使い捨てタイプを使用します。(発熱がある、下痢があるなど)
□使い捨て手袋
 陰部洗浄や摘便、褥瘡の処置などで使用します。
□ワセリン
 摘便時使用します。摘便の頻度が多い方にはワセリンを準備していただきますが、急きょ必要な場合もあります。
□タオル
 シャワー介助後に自分の足など濡れたところを拭きます。
□爪切り
□ニッパー
 ニッパーは足の爪が肥厚していたり、巻き爪だったりしたときに使用します。高齢の方は正常な爪でない方が多く、ニッパーを使う頻度は多いです。
□やすり 
 爪切りやニッパー使用後にととのえます。

救急セット

□絆創膏
 小さなけがをしたときの応急処置です。
□ティッシュ
 傷にもよりますが、けがを水で流したあとにふきとります。

メモセット

□ペン 
□名前ペン
 一包化の袋などに活用してます。
□付箋
 メモを残したいときに使えます。
□バインダー(クリップボード)
 記録はタブレットですが、訪問時タブレットに記載できない文章などをメモします。
□バインダーに挟む用紙

プチ財布

普段使いの財布はもしかしたら盗難などのリスクがあります。大金やカードは持ち歩かないようにしています。
□小銭
 私は電子マネー(携帯)を使用しているので、基本使用しないのですが、電子マネー非対応の場所で使用できるよう数百円もっています。
□保険証
 事故、けがをしたときは必須です。

名刺

□名刺
 初めてのご挨拶に必須ですね。認知症の方は、「どなた?名刺がほしい」と言われることもあるので、何回かお渡しすることもあります。

訪問用の書類 

□訪問用の書類
 基本的に事務所のカルテ内に保管するものです。当日訪問する利用者さんの分を持ち歩きます。利用者さんの情報、指示書のコピーなどになります。

あると便利

□テープ小
□ジップつきの小袋

これらは一包化の薬から、1錠薬をとらないといけないとき。薬がシートで処方されているけど、一包化にしたいとき、お手製で一包化するときに使用します。いざという時に活躍します。

バッグが重くなりやすい…

これだけ訪問バッグにいれていると、重くなります。消耗品は最低限にし、訪問当日の利用者さんを確認して使用しそうな数+1セットくらいにしています。

重いバッグを自転車のかごに入れていると、ハンドルがとられることがあり危険です。なるべく荷物は最小限にしたいです。バッグを背おうと体をいためるのでオススメしません。

\記事を書いたはるかのプロフィールはこちら/

ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 詳しいプロフィールはカテゴリーの自己紹介からどうぞ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です