訪問看護で勤務

病院を受診するのがこわい!

病院受診ができない!したくない!の続きです。

「なかなか医療機関を受診できない、受診しない」患者さんや利用者さんについて記事書いています。

医療機関を受診しないと、継続して治療ができなかったり、新しく起きた心身の問題への治療ができなかったり…。

そのひとの「健康」が損なわれます!

前回の記事では

認知力・判断力の問題

身体機能の問題

時間がない問題

金銭の問題

医療者との関係の問題

についてお話ししました。

今回は「受診するのがこわい問題」についてお話しします。

病院を受診するのがこわい

私は今まで病院受診は嫌なほうではありませんでした。何か症状があれば受診してました。

病棟勤務の時は、病院外来で医師に診てもらえてたし、家の近所の内科、皮膚科、眼科、歯科にも通ってたし。

しかし今回!右下腹部の痛みが出てきたときに「病院受診?なんかこわい!」と思ってしまいました。

 

なぜこわいのか

ネットは情報にあふれている

「右下腹部 痛み」で検索するといっぱい病気がでてきます。

 

消化器系疾患:虫垂炎、大腸憩室炎、大腸炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、大腸憩室炎、胆嚢炎、膵炎、鼠経ヘルニアなど

尿路系疾患:尿路結石、尿路感染症など

婦人科系疾患:異所性妊娠、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍、卵巣茎捻転、卵巣出血、骨盤腹膜炎、附属器(卵管・卵巣)膿瘍、附属器(卵管・卵巣)炎など

男性疾患:前立腺炎、精巣上体炎など

その他:動脈解離、動脈瘤破裂、腸腰筋膿瘍、後腹膜出血など

 

「いろんな病気があるよー」と教えてくれているんですが、この中のどの病気か、この病気だったらこれからどうなるのか、不安を感じます。

 

今までの生活ができなくなるのではないか

自分で不調を感じでいますが、病院受診して、何か診断されたら…

薬を飲む治療で終わるなら良いけど、

手術が必要なこともある?痛い?

入院が必要?入院の期間の仕事は?

と先のことまで考えすぎて恐怖を感じていました。

夫に右下腹部が痛いと言ったら「死ぬやん」と言われました。youtubeで「明日 死ぬ」と検索していました。笑ってしまいました。

 

患者さん、利用者さんと照らし合わせてみた

この感情って、患者さん、利用者さんと一緒じゃない?

時間も金銭も余裕があるのに、なぜかかたくなに「病院には行かない」方。

 

診断結果を聞きたくない

うすうす自分の体調が悪いとは思いながらも、診断結果を聞く勇気がない。

受け止める自信がないかもしれません。

 

生活スタイルが変えられる可能性

今まで好きに生活をしてきたのに、医療機関の受診によって「治療」や「生活指導」をうけることもあります。

「生活スタイルを変えられるのが嫌だ」と思うかもしれません。

 

解決策

なぜ受診したくないのか、まずは聞いてみる

病院に行きましょう!

いやだいやだ!行きたくない!

大切なのはその先です。

何で行きたくないんですか?

なぜ受診したくないのか聞きましょう。

「病院に行きたくない」理由を聞けば、その解決策が分かってくるはずです。

医療機関を受診をするのは「そのひと自身」なので、強要するのは良くないです。

自宅での生活が継続できるためにも医療機関の受診は大切です。そのひとの「受診行動」をサポートするのも、訪問看護の役割です。

 

まとめ

「病院受診ができない!したくない!」から「病院を受診するのがこわい」のまとめです。

なぜ受診ができないのか、したくないのか要因・理由を明確にする

受診できるよう家族、関係職種と連携をとりサポートする

言葉で表すのは簡単ですが、難しいこともあるかと思います。

一緒に考えていきましょう!

わたし自身が「病院に行きたくない!」と思ったので、それが参考になればと記事をかきました。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。