自己紹介

訪問看護師土日休み(夜勤なし)の働き方から、平日週3日だけ働く方法

訪問看護に転職し、正社員だったので週5日(月~金)勤務、土日休みの働き方でした。

昼のみで夜勤はなしです。

現在看護の仕事は、平日週3日だけ。パートで働いています。

給料は週5日勤務(土日休み)の正社員だと年収420万円。週3パート勤務だと年収220万円になります。

給料はガクッと下がりますが、プラスで副業をしているので十分生活できています。

どのようにして週3のパートに変更していったのか紹介していきます。

訪問看護師の土日休み(夜勤なし)で正社員をする

副業を始めたタイミングは訪問看護に転職し、半年ほど過ぎてからでした。

夜勤もなく、残業もないので副業をする時間をつくることができます。

仕事は定時に終了。家に帰ってから夕ご飯を作って、ご飯を食べて、お風呂に入っても寝るまでの2~3時間。

土日はもちろん休みなので時間をつくることができます。

副業はパソコンとインターネットさえあればできる、ブログでの広告収入です。

実践して少しずつ稼げるようになりました。

もっと副業で稼げるようになりたい、雇われて働くだけじゃなくて自分で稼げるようになりたい!という気持ちがどんどん強くなりました。

そうなると副業にかける時間がもっと必要だと思い、考えたのは勤務の日数を減らすこと。

正社員だと勤務の日数は減らすことができません。

思い切って時給のパート勤務に変えて、働く日数を減らしたらどうかと考えました。

月にかかるお金、訪問看護のパート時給でどのくらい稼げるか計算する

この時、最低でも月にかかるお金はパート代で稼げると安心だと思い、月にかかっている費用を確認しました。

家賃、光熱費、食費、社会保険料、年金保険料。

合わせて15万円あれば十分生活できます。

自分の勤務している訪問看護の時給や手当を計算して、週3日パート勤務で働けば最低でも15万稼げると分かりました。

1人だったら誰に相談することもなく決められますが、家族がいるなら家族への相談が必要です。

夫に副業にもっと力を入れたいこと、正社員からパート勤務になり週3日で働きたいこと、月15万円は稼げるので生活費は変わらず稼げること話しました。

夫は「やりたいことがあるならどんどんチャレンジしてほしい」と私の思いを尊重してくれる人なので、快く「良いじゃん」と言ってくれました。

訪問看護で正社員からパートに変える、週3日働いて週4日休みたい

そして上司に正社員からパートの勤務に変えたいと言いました。

この時、実家に帰らないといけない理由がある、週3日の勤務にして週4日休んで実家に帰りたいと伝えました。

当時は副業をしているということは職場で話しておらず、副業に力を入れたいのでパート勤務にしたいと言う勇気がありませんでした。

ここで引き止められたら私のやりたいことができなくなる、決意が揺らいでしまうと思い実家に帰ると伝えました。

実際のところ、実家に帰っているのも本当です。

そして週3日のパート勤務になり、副業の時間を増やすことができました。

さらに副業で稼げるようになりました。

\記事を書いたはるかのプロフィールはこちら/

ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 パート+副業の経緯や私がどんな生活をしているのか、詳しいプロフィールはURLをクリックすると見ることができます☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA