健康

足がつる(こむら返り)はなぜ起きる

今日の朝方、足がつって早くに目が覚めました。

私、夜中や朝方に足がつることが時々あるんですが、その日って「お酒を飲んだ日」「冬の寒い日」が多い!

なぜ足がつるのでしょうか?

足がつる(こむら返り)って何?

意識していないのに急に筋肉が収縮すること。

「こむら」=「ふくらはぎ」の意味。

ミネラル不足、血流低下で起きる

ミネラルは筋肉が働くための重要な役割をしています。

睡眠時は汗をかいており脱水傾向のため、ミネラル不足になりがちです。特に「運動した日」や「お酒を飲んだ日」は発汗や排尿によってミネラル不足になっています。

さらに夜間は全身を動かさないため、血流は低下しています特に寒い日や、冷房がかかっている日は、足の筋肉が冷えさらに血流が悪くなります。

これによってミネラル不足+血流低下が起きるのです。

この状況で寝返りや全身の伸びをすると、「筋肉の細胞が暴走して過剰な収縮が発生」=「足がつる」ことになります!

寒い夜は丸まってねちゃうけど、そうなると筋肉が縮こまって十分なミネラルと血液がいかないから、伸びた瞬間につっちゃうよ!

スポーツ選手が試合中に足がつっているのは、発汗でミネラル不足になっているからだね。

足がつったときの対処法

ストレッチとマッサージをする

(座った状態) 
膝を伸ばして座って、足の指先に向かって手を伸ばします。

(立った状態) 
立って足を前後にずらし、アキレス腱を伸ばす感じで。

マッサージは手でふくらはぎを優しくもみましょう。

 

つらないようにするためには

就寝前にスポーツドリンクを飲む

日中に失われたミネラル、夜間失われるミネラルを補給しておきます。がぶのみすると体の冷えにつながるので、ゆっくり飲みましょう。できれば常温が良いです。

室温を下げすぎない

これから暑い夏が来ます。冷房を使用して寝る方もいると思いますが、室温を下げすぎないようにしましょう。

身体を温める

梅雨の時期は体が冷えますね。寒い日はお風呂で暖まりましょう。足湯だけでも良いです。

ストレッチをする

身体がかたいと血流低下の原因になるので、寝る前に簡単にストレッチをしましょう。足がつったときの対処法のストレッチで、ふくらはぎの血流低下の予防になります。

 

夏はビールが美味しい!冷房で体も冷えがち!

ビールが美味しい季節になります!

「かんぱ~い!」と楽しい時間を過ごしたのに、夜間や翌日「足がつって起きた!」は辛いですよね。

お酒を飲んだら、スポーツドリンクで水分補給を忘れないように!体も冷えすぎないようにしましょう。

 

どうしてもつる人には漢方がある

いろいろ対策をしてもつるという方!諦めないで!漢方があります。

医療機関でも処方される、漢方の「芍薬甘草湯」が含まれているコムレケア。

ドラッグストアや通販で購入できます。

夜や朝方、足がつるって辛い!昼もこの痛みって尾を引くんです…。

足がつらないように夜ぐっすり寝たい!つらないように日頃から気をつけたいね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ 訪問看護へにほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

 

 

 

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。