訪問看護で勤務

訪問看護に向いている人は?辞める(退職する)理由は何?

訪問看護ステーションは全国的に設置数が多くなっています。国の政策もあり「病気を抱えている人を在宅で看る」方向へ。

訪問看護サービスの点数(価格)が高く、日勤のみの医療者としては給料も良い方です。そして訪問看護は人手不足、求人情報でよく見かけることも。転職を考えている方も多いと思いますが、不安はありませんか?

私も求職中は訪問看護って何か漠然と不安があった…!

訪問看護は看護師だけではありません。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士も勤務しています。私が実際訪問看護ステーションで働いてみて、どのような人が働き続けられているか、退職しているかお話しします。

訪問看護に向いている人

人が好きな人

人が好きな人、病気の人のために支えになりたいと思う人です。人によって看護師になった理由はさまざまで「安定しているから」「お給料が割と良いから」という人もいると思います。病気の人と関わる仕事が嫌いなら、看護師をすでに辞めてると思います。

看護師として働いているなら、今は休職中でも看護師として働こうと思うなら大丈夫です。

利用者さん(患者さん)のペースでサポートできる人

病院と大きくちがうのは、療養の場所が利用者さん(患者さん)のペースで生活する自宅になることです。利用者さんの生活の場にこちらがお邪魔する立場。病院のようにルールや決まりはありません。ライフスタイルはさまざまで、起きる時間、食事時間・内容、飲酒、たばこ、外出する・しない、眠る時間、住宅環境…などなど違います。

本人の希望を聞きながら、自宅で過ごせるようにサポートするのが訪問看護です!

 

訪問看護を辞める理由

何人も辞めるスタッフをみてきました。辞める理由をまとめました。

会社が合わない

病院付属の訪問看護ステーションは資金・規模も違うので、今から話すことは当てはまらないかもしれません。

私はとある企業の訪問看護ステーションで勤務しています。売り上げ重視です。営業行く、仕事をとる(ケアマネジャーや病院から訪問看護の依頼を受ける)、訪問行く。訪問件数が売り上げ、ステーションの維持・拡大、スタッフの給料につながります。

病院勤務だと「接遇」や「病床稼働率」「平均在院日数」を気にするかと思いますが、売り上げをリアルに考えることは少なかったと思います。病院はつぶれることはほとんどないですし…。訪問看護ステーションはつぶれます。

東京都2018年度中のステーションの数 
新規数:165 廃止数:69 休止数:33 
引用:全国訪問看護協会 2019年訪問看護ステーション数調査結果

勤務しているところが企業だからかもしれませんが、病院とかなり考えが違います。社長は医療関係者ではありません。今まで医療者としか勤務していなかったので、ギャップを大きく感じます。

企業の社長ってこういう感じなのかーと遠目で見ています。

訪問看護を辞める理由である「会社が合わない」は 
営業に行きたくない 
数字を言われるのが嫌 
企業の考えが合わない があります。

利用者(患者)さんをコントロールできない

訪問看護をしているなかで「こんな状態だと家での生活はできない!」「入院で治療するべき!」という看護師もいますが…、入院して治療するかは利用者さん、家族の意思です。利用者さんや家族が自宅で生活したいと思っているのなら、サポートするのが訪問看護の役割。

なるべく自宅で生活できるように、関係性をつくりながら本人の希望を聞き、折り合いをつけながらサポートしていきます。

ゆったりしているのが嫌い

上のコントロールできないに似ているかもしれませんが…退職した看護師のことばそのまま引用しました。「利用者(患者)さんの話をゆっくり聞いて、合わせて介入するのが好きじゃなかった、こっちのペースでやりたかった」だそうです。

主体が利用者さんなので、医療者の思うようにいかないことはよくあります。それが当たり前と思っておくと良いです。

家が汚い

清潔な医療機関で勤務していた医療者からすると、衝撃的なことも多いです。Gがいる、アリもよく分からない虫もいる、物があふれている、汚物もそこら中、臭いもすごい。いかに掃除するかはケアマネジャーとの協力必要なのですが、本人が拒否をしたらもう無理です…。

さまざまな関係者が本人を説得、協力し汚部屋がとてもきれいになっていたことも。

訪問看護は家にあがる職業なので、転職した時点で汚い家があるのは理解しています。全部が汚い家ではなりません、ごく一部です。辞めるメインの理由が「家が汚い」というスタッフはいませんでしたが、それも理由のひとつというスタッフもいました。

潔癖の人は勤務するのは辛いです…!

どんな職場でも向き、不向きはある

今回は訪問看護を辞めた人の理由をまとめましたが、その人が「悪い」「良い」ということではありません。看護師の働き場所はたくさんあります。

「向き」「不向き」はあるので、みなさんに合う職場がみつかると嬉しいです。

 

ポチっとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへにほんブログ村 健康ブログへ
ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。