自己紹介

自己紹介 はるか@投資家ナース

こんにちは!こんばんは!

はるか@投資家ナースといいます。

看護師になった理由

私が看護師になったきっかけは

「病気の人のためになりたいから」

なんてきれいな理由ではありません。

「幼いころから父に看護師はいいよと言われたから」です。

父に何度も「はるかは看護師になるんだもんな~」と言われ、

それが嫌で保育園の卒業アルバムに書いた将来なりたい夢は「ケーキ屋さん」。

ちょっとした反抗。

父に怒られたわけではないけど、「ケーキ屋さんじゃないよな?」と少し寂しそうな顔をされたのは覚えています。

そんな私は文章を書く、絵を描くのが大好きでした。

小学校のときに国語の授業で「1枚の絵からつくる物語」という授業がありました。

みんなが作文1枚の物語のなか、作文20枚分の物語を夢中で書きました。

(先生はちょっと引いてた)

図工、美術で絵を描くときは、自分のペースで好きにやるから時間内には終わりません。

放課後にいのこり、家に持ち帰って絵を描きました。

それでも楽しかったです。

(提出は多分ぎりぎり、間に合ってなかったかも)

文章を書くこと、絵を描くことが将来の仕事になるのかな、とも思っていました。

すくすくと成長するなかで、父の「将来は看護師になるんだもんな~」攻撃はやみません。

そんな中、いとこの大好きなお姉ちゃんが看護学校に行くと聞いて

「お姉ちゃんが行くなら良いかも!」と思うようになりました。

まねっこです。

いつの間にか、小学生の卒業文集には将来の夢は「看護師」になっていました。

しかし「なぜ看護師になりたいのか?」に理由を書くところが難しい。

「お父さんにすすめられたから」「いとこのお姉ちゃんがなるから」

こんな理由だめだ、自分のなりたい夢だから考えなきゃ!と気を遣っていました。

自分なりに考えて「病院で看護師さんが優しかったから」にしました。

そんなエピソードはありません。作り上げたエピソードです。

不思議なことに「病院で看護師さんが優しかったから」と

将来の夢の理由に何度も書いていると

「そうだったかも?」と思えるようになっちゃいます。

中学、高校でもそのまま、のほほんと生活をおくりました。そして看護学生に。

無事国家試験を合格して看護師になりました。

 

看護師になり病院に就職

看護師になり病院で配属されたのは血液内科病棟。

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など血液の病気の病棟です。

よくTVで骨髄移植って観ますよね。そういった治療をしている病棟でした。

小児から大学生、自分と歳が同じくらいの人、両親世代、祖父母世代、もっと高齢の方もいました。

血液の病気ってめずらしい。原因が分からないことも多いです。

「なぜ自分はこの病気になったのか」「なぜ家族はこの病気になったのか」

そのように言う、思う患者さんも多いです。

患者さんは治療を何クールか行うために入退院を繰り返します。

患者さんは「またよろしく!」「もう来たくないよ~」と医療スタッフを会話を交わせるほど、とても親しくなっています。

治療はうまくいくことも、いかないこともあります。

最初に病気が発覚してから、入退院を繰り返し、最期までお看取りすることもありました。

怒涛の7年経過。

たくさんの患者さん、スタッフの入れ替わりをみて、病棟に長くいたなーと思いました。

 

退職、訪問看護師に

夫の転勤もあり退職。

病院以外のところで働きたいと思い、転職活動。訪問看護師となりました。

訪問看護師の魅力にどんどんはまっています。

 

訪問看護の業務内容 現役訪問看護師が紹介訪問看護って具体的にどんなことをしているのかお話ししたいと思います! 訪問看護とは利用者さんの家にあがって看護をするお仕事です。 訪...

 

訪問看護って楽しい!訪問看護の魅力って何?何年も働いていると、看護師友達も転職をしていることが多いです。 管理職になっていたり、違う病院に転職したり、施設に転職したり、美容系に...

 

投資家さんとの出会い

そんなときに、私の人生を変えた投資家さんに出会いました。

その人の人間性に惹かれました。多くのことを学びました。

私が今やりたいことはなにか。

今まで「なんとなく」で生きてきました。

私が今看護師をしているのって何でだろう。原点は何だったんだろう。

自然と「看護師になる」というレールをひかれた人生を歩んでいることに気がつきました。

父を責めてはいません。父は私の大好きなヒーローです。

ただ、レールにのった看護師以外のこともやってみて良いんじゃないかと気づきました。

生と死について向き合ってきた病棟。

いつか命はなくなります。それはいつかは分かりません。

生まれも育ちも環境も、平等ではありません。

ただ、命は平等。

自分の限られた人生の時間。やりたいことにチャレンジしたい。

自分の人生の「時間」を、やりたいことに「投資」したい。

 

今やっている投資

断捨離しています。

 

整理整頓したら自分のやりたいことが見つかった整理整頓したら自分のやりたいことが見つかった なぜ私が訪問看護の魅力を発信しているのか? きっかけをお話ししたいと思います。 元々...

 

試行錯誤しながらブログを書いています。

訪問看護や健康について執筆中です。

ライターをしています。

株式投資をしています。

マインド、内観についても学んでいます。

 

マインドフルネスって何?仏教が発祥、執着、悟り(さとり)とはマインドフルネスという言葉を聞く機会はありませんか? 健康番組でも取り上げられるようになったマインドフルネス。「よく分からないな~」と...

 

やりたいことにチャレンジして、目標は資産10億!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。