健康

整理整頓したら自分のやりたいことが見つかった

整理整頓したら自分のやりたいことが見つかった

なぜ私が訪問看護の魅力を発信しているのか?

きっかけをお話ししたいと思います。

元々ものをため込むタイプ

私はものをため込むタイプで「いつか使うだろう」と思い雑貨や洋服がどんどん増えました。

ジャマとは思いませんでした。

大掃除のタイミング(年末や盆)で選抜されたごみは何袋にもなります。

実家にいた部屋はきれいなじゃなかったし。

(遊びに来た友達がなぜか片付けてくれた)

1人暮らししたときは押入れに詰め込んでたし。

(押入れがやたら大きい)

結婚してからは夫に何度も「いらないものは捨てて」と言われても、右から左に抜けてました。

ものがあると安心を感じていました。

 

そんな私が変わったきっかけはTVを観なくなってから

あるとき、TVが観れなくなりました。

ケーブルTVだったんですけど、チューナーが壊れました。

私はTVが大好きで大好きで。

ワイドショーもバラエティも毎日みてて。

コメンテーターの話す内容も聞くのが楽しくて。

ドラマもみてて。

「チューナーを修理に出そう!」と夫に言ったのですが

「TVは受動的になるから。能動的に情報を得るようにしないと。情報は自分で掴むのが大切。TVはいらない。」

と言われました。

「やだやだやだー!」と涙目で抵抗。(泣いていたかもしれません)

しかし修理は拒否され。

数ヶ月「TVを観たい」とずっと言ってましたが、許可はおりず。

 

TVを観ないからyoutubeを観るようになりました

youtubeはいろんなジャンルがあるんですけど、

エンタメから政治、経済、哲学的なものまで。

自分の「観たい!」をキャッチしてくれました。

そこからブロガーの方、投資家、企業家、経済評論家…

自分が普段接することができない人達を、身近に感じられるようになりました。

自分のほしい情報を提供してくれる!

 

そして、googleの検索力が上がりました

自分でほしい情報をキャッチするため、googleで検索。

情報がヒットしないこともしばしば…。

検索方法を変えてみて、自分のほしい情報を手に入れる手段を学びました。

受動的ではなく、自分に必要な情報を選択する、能動的になるとはこういうことか!

 

整理整頓できるようになりました

(ミニマリストではありません。)

「必要なもの」「必要でないもの」を意識できるようなりました。

衣類は引き出し1ケースと、

ハンガーにかけないといけない衣類15着。

(ハンガー用にかけるものはシャツ、スカート、軽い上着、コート、リクルートスーツ、結婚式用のパーティドレス、スノーボードウェア)

食器は最低限の2人分。

お客さんが来るときは割りばし、使い捨ての紙皿、紙コップを使用すれば十分。

ものが最低限になることで、やらないといけない作業もへりました。

すると、心や頭が整理整頓されました。

 

整理整頓をすすめていくと、自分のしたいことに気づけるようになりました

自分を振り返ると…

友人も家族もいない東京に引っ越してきました。

さみしかった。

転職活動するのも心細かった。

でもお金がないと生活ができないからしないといけなくて。

自分なりにたどり着いた訪問看護への転職。

働いてみたら魅力がいっぱいで。楽しくて。

訪問看護はニーズは高いけど、看護師には不人気。

こんなに楽しいのに。

訪問看護の魅力を発信すれば、みんな訪問看護に興味を持ってくれるかなと思って。

ちょっとでも知るきっかけになれたら嬉しいと思って。

どうすればみんなに知ってもらえる?

考えました。

 

私でもできること…ブログ!!!

気づくことができました。

これはyoutubeやgoogle検索でブロガーさんを見たことがあったからです。

そんな経緯もあり、日々ブログ執筆中です。

TVを観ていた頃よりも充実していると実感します。

 

まとめ

 

TVを観なくなったこと(夫の影響もあり)で能動的になれた

能動的になると必要なもの、必要でないものが分かる

整理整頓し不要なものがなくなった

ものが減ったことで作業が減り、心と頭が整理整頓された

自分を振り返ることができ、やりたいことが見つかった

 

私のブログ執筆のエネルギーはこんな感じでできています。参考になれば嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへにほんブログ村 病気ブログ 訪問看護へ
ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。