株式投資

投資初心者さん【入門編】株式投資をやるべき理由

こんにちは!はるか@投資家ナースです。

自己紹介はこちらからどうぞ!

インターネットが広がり、以前よりも身近な存在になってきている投資。

メディアでも投資について着目されるようになりました。

CMでもNISAのCMが流れていますね。

「株式投資って何?」「株式投資って興味があるけど不安」という方や「株式投資始めてみたけど大丈夫?」という投資初心者さん、多いと思います。

私も最初は不安ばかりでした。

ネットで「株式 投資」で検索しても難しい情報ばかりで分かりづらいですよね。

私自身株式投資を初めて間もなく、日々勉強しています。

その中でも有益な情報を投資初心者さんに分かりやすくお届けしたいと思います。

今回は株式投資をなぜするのか、株式投資の魅力について紹介していきます!

株式投資初心者さん 世界の金融事情

全世界の資産の比較を図に表したものになります。

(引用:1つのグラフで全世界の富に対する暗号通貨の比較2018

・一番左     全世界のお金 86.5兆ドル
・左から2番め  株式市場 67.5兆ドル
・左から3番め   現金流通量 34.4兆ドル
 現金流通量は、現金通貨と全預金金融機関預けられた預金
 市場に流通する現金は約5兆ドルだそうです。

この図をみると圧倒的に全世界のマネーは株式市場にあることが分かります。

市場に流通している現金の全体量は株式と比較すると少ないです。

労働している私たちは、市場に流通している現金の一部を「賃金」として受け取っています。

株式投資初心者さん 世界の株式と現金の価値

1801年~2001年の200年の各資産の価値になります


(ジェレミー・シゲール著:株式投資)

この図をみると圧倒的に株式の価値は上がっています。(一番上のグラフ)

ドルで表されている現金の資産の価値は下がっています。(一番下のグラフ)

今後も株式市場へマネーがさらに流れていくと考えられています。

株初心者さん、衝撃的ですよね!

この200年の間、株式資産を持っていた方は大資産家になっているということです。

(人は200年も生きませんが…)

反対に、タンス預金をしていた方はどうなっているのでしょうか?

市場に流通しているお金を、労働している私たちは「賃金」として受け取っています。

しかし今後も株式市場へお金がさらに流れていくので、市場に流通するお金はどんどん減っています。

「賃金」とは元々出回っていない、少なくなっていくお金を奪い合っている形ですが、さらにその傾向が強くなっていきます。

株式投資をしないと高い価値の恩恵を受けることはできません。

格差社会はどんどん広がります。

株式投資初心者さん 日本は好景気だと思う?

あなたは日本が好景気だと思いますか?

好景気とは感じにくいのではないでしょうか?

好景気とはお金を消費し、市場経済が活発になっていることです。

現状日本はお金が消費されにくく、市場経済は活発でありません。

賃金もあがらない、消費税は引き上げられる。

これだとお金は使わなくなりますよね。

お金を使わないということは、給料は上がりづらいです。

「給料が上がりづらいなんて!今の会社で役職につけば…!」

あなたが今の会社で頑張って昇格して賃金を上げられたとします。

ですが悲しいことに税金で引かれます。

自分の労働を増やして税金を納めることになります。

労働賃金の税金、株式の税金

  • 年収500万の場合
  • 手取りが3,873,564円となります。

参考:酒屋会計事務所 ブログ 年収別手取り税金一覧

  • 株式で+500万円で利益確定(市場から手元に戻す)した場合
  • 500万円に20%の税金がかかるため、400万円が手元にのこります。
株式投資で利益確定したときの計算の方法

➀500万円で株式投資をした
➁1000万の価値になった
➂利益は1000万‐500万=500万
ここで利益確定すると➀と②の差額500万円の20%に税金がかかります。
(日本は税率20%。アメリカは税率10%。)

  • 年収1000万円の場合
  • 手取りが7,279,940円となります。

参考:酒屋会計事務所 ブログ 年収別手取り税金一覧

  • 株式で+1000万円で利益確定した場合
  • 1000万円に20%の税金がかかるため、800万円が手元にのこります。

税金の面でも、労働で賃金を得るより株式投資で利益を得た方がお得です!

労働による賃金は大きな年収を得るほど税率は高くなりますが、株式の税金は利益の20%と一律になっています。

株式投資初心者さん 「21世紀の資本」経済学者トマ・ピケティ

あなたは世界中の大ベストセラー書籍、経済学者トマ・ピケティの「21世紀の資本」という本を知っていますか?

これは700ページ以上の大作になっています。

この本の中身はほとんどが膨大なデータになっています。

「富の格差」のデータを15年もかけて収集しました。

「r>g」の公式

「r」=資本の平均年間収益率
株や不動産から得られる配当金、不労所得により得られるもの。
「g」=経済の成長率
労働によって国民が豊かになる、所得の増加率。

21世紀の資本では「資本収益率の方が労働によって国民が豊かになるスピードよりも速い」ことを証明しました。

このままでは高所得者と低所得者の格差はどんどん広がります。

この格差の是正を訴えています。

とてもざっくり説明しましたが「いまの社会制度のままでは、資本家にならないとお金持ちにはなれないよ」ということです。

「21世紀の資本」の書籍はこちらにあります。

トマピケティ 「21世紀の資本」

700ページ以上の大作!とっても難しい内容です!!

普段から経済について学んでいれば読めるかと思います。

まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」

こちらはまんがでとても分かりやすいです!

経済学が良く分からないあなたにおすすめです。

[ふきだし icon=”https://homon-kango-hina.com/wp-content/uploads/2019/02/harukao.jpg” col=”red” border=”on”]

まんがだけでなく、用語についての丁寧な解説もあります。

[/ふきだし]

図解 ピケティ入門 21枚の図で「21世紀の資本」は読める!

こちらも分かりやすいです!

図に基づいて丁寧に解説しています。

こちらも経済学が良く分からないあなたにおすすめです。

経済学を良く知っているあなたにも合うかと思います。

このピケティ入門は「本質をとらえている」とレビューにありました。

株式投資初心者さん 日本家計の金融資産の構成比

日本の家計の金融資産の構成比です。

青:現預金
赤:保険・年金準備金
緑:株式・出資金
紫:投資信託
水色:その他証券
オレンジ:その他
図グラフは2013年末のもの。
(参考:国際金融センター、金融に関する現状等について/平成26年内閣府)

各国の特色が分かりますね。

グラフから分かるように日本の家計は現金預金が多いです。

なぜ日本は現金預金が多いのでしょうか?

なぜ日本は株式投資ではなく現金預金が多い?

日本は株式投資ではなく現金預金が多いのは「日本人の性格」と「バブル期までの環境」が考えられます。

この話を聞くあなたも「当てはまるかも」と思うかもしれません。

なぜ株式投資ではなく現金預金が多いのか、お話しします。

株式投資をしない理由➀ 日本人の性格

日本人は「協調性」「同調性」が強いと言われています。

昔から周りと協力し、権力者の言うことを聞いてルールを守ることが生きぬく方法でした。

バブル期までも同様で大企業に入って組織の仕事をしていれば安泰と言われていました。

自ら考え、判断し、決定する責任をもつのが苦手という側面もあります。

資産運用も同じで「自分で考えて決めないといけないもの」に取り組みづらい傾向にあります。

資産運用は学校では教えてくれません。自分で学びに行かないとできないものです。

株式投資をしない理由➁ バブル期の考えが残っている

バブル期までは景気も良く、現金預金だけで十分すぎる生活ができていました。

  • 終身雇用が当たり前で給料も右肩上がりの時代
  • 就職して、結婚して、マイホームをもつ
  • 退職後は年金がしっかりでる

自分で資産を作らなくても良い時代だったので、株式投資をすることはありませんでした。

しかし今は違います。そんな時代ではありません。

給料は上がらない、終身雇用も崩壊している。現金預金だけが安心ではありません。

国が今まではあなたの資産を管理していましたが、自分で資産を形成しなければならない時代になりました。

こんな話をしてあなたを不安にさせてしまいました。

「株式投資していない、どうしよう」と思ったあなた、大丈夫です。これから株式投資をすれば良いのです。

株式投資初心者さんへ 今からでも株式投資はできる!

投資初心者さんは、今までのお話を聞いて株式投資の必要性を感じていただけたと思います。

「株式投資は働きながらでもできる?」という疑問もあるかもしれませんが、もちろんできます。

株式投資にも資金が必要です。

その資金を準備するために固定の収入は必要です。

私も労働賃金を株式投資に運用しています。

「労働賃金を株式投資にまわすって?」またここでも不安がでますよね。

次回は労働賃金をどのように株式投資にまわしているのかお話ししていきます!

株初心者さん、一緒に株式投資について学んでいきましょう。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。