健康

子供を乗せるママチャリ電動自転車は購入かレンタルどっちがお得?

地方での移動手段は車が多いですが、都市部の移動手段は公共交通機関や自転車を使用することが多いと思います。

子供がいる方は保育園の送迎や、ちょっとしたお出かけなどで自転車を使用しますよね。

普通の自転車だと自分の体重プラス子供の体重もかかりとても重いです。坂道では自転車から降り、押してこぐことも…。

近年は電動自転車を使う方が増えています。

電動自転車を購入しようか迷っている、子供がいるあなた。

この記事では子供を乗せるママチャリ電動自転車のレンタルサービスについて紹介します。

 

電動自転車があると生活が楽、便利!

レンタル電動自転車

私は電動自転車を使用していますが、とても便利!

電動自転車は重い荷物を載せてもすい~と進むので、スーパーでたくさんの食材を買っても「重たくて持って帰れないんじゃないか」と思う心配はありません。

普通の自転車だと急な坂道では自転車から降りて引いて歩くことが多いと思います。電動自転車は重い荷物を載せたまま急な坂道も楽にのぼることができます。

子供がいると保育園の送迎や公園に行くときに自転車を使うことも。普通の自転車だったら行くのが面倒くさいと思うかもしれませんが、電動自転車だと「行こう!」という気持ちになります。

自分の体力以上のちからが発揮でき、生活が楽に、便利になる電動自転車。

特に今回紹介したいのはママチャリの電動自転車レンタルサービス。

ママチャリの電動自転車のレンタルサービスって何?と思ったかもしれません。

子供を乗せる電動自転車のタイプ、期間を決めて、月々支払いでレンタルできるサービスです。

電動自転車レンタルをおすすめしたい方

  • 購入にかかる費用を抑えたい
  • 子供が小さい時期だけ子供乗せ専用自転車を使いたい
  • 転勤の予定もあり期間を決めて使用したい
  • 高性能の電動自転車と子供が安心・安全に乗れるチャイルドシートを使用したい

電動自転車レンタルサービスについてくわしく紹介しますね。

 

子供が乗れる電動自転車 購入とレンタルの違い

電動自転車レンタルサービスの商品は大人気YAMAHAのPASKiss mini un とPASSKiss baby un。

2人乗り用はお子様を前乗せ、後ろ乗せのタイプがあり、3人乗り用の電動自転車もあります。

2人乗せレンタル電動自転車

YAMAHAPASKiss mini un 2人乗り用子ども前乗せ

電動自転車レンタルサービスの嬉しいところは

  • 購入時のように一度に多額のお金がかからない
  • 期間を決めて利用ができる
  • 前乗せから後ろ乗せ、2人用から3人用へ切り替えができる
  • レンタル中の消耗品(バッテリー、タイヤ、ブレーキパッド)交換無料
  • 不要になったら引き取ってもらえる

ところです。

具体的に説明していきますね。

 

一度に多額のお金がかからない

<2人用自転車を利用する場合の例>

購入すると

メーカー希望小売価格
YAMAHA PASKiss mini un :154,000円
リヤバスケット:4,950円
防犯登録:600円

150,550円もかかります。

 

レンタルすると

1年間レンタル5,500円×12=66,000円
93,550円もお得!

2年間レンタル4,950円×24=118,800円
40,750円もお得!

 

2年以上の期間レンタル電動自転車を使用するとなると、購入した方がお得になるのがデメリット。

しかし、電動自転車を継続して使用すると劣化した備品を購入したり、子供の成長に合わせて追加でものを購入したりと初期費用以外にお金がかかってきます。

 

期間を決めて利用ができる

電動自転車レンタルサービスは期間を決め(3ヶ月、6ヶ月、1年、2年)月々の支払いでレンタル可能です。

子供乗せ電動自転車の利用は「子供が小さいときだけ」「転勤の間だけ」を期間を決めて使用したい方というかたにおすすめ。

短い期間であればあるほど、電動自転車をレンタルする方がかなりお得です。

レンタル期間終了後、継続で利用したい場合も引き続き使用できます。毎月更新となりいつでも解約できます。

 

前乗せから後ろ乗せ、2人用から3人用へ切り替え

3人乗せレンタル電動自転車

YAMAHAPASKiss mini un 3人乗り用

お子様が成長すると前乗せから後ろ乗せに切り替えをしないといけません。

ママチャリ電動自転車レンタルサービスは前乗せから後ろ載せ専用の電動自転車に乗り換えることができます。

電動自転車を購入した場合、お子様の成長に合わせてプラスで費用がかかることに。

お子様が2人に増えたときには3人乗り用の電動自転車に乗り換えることもできます。

 

レンタル中の消耗品(バッテリー、タイヤ、ブレーキパッド)が交換無料

電動自転車のバッテリーは消耗品。使用し続けると徐々にですが電池の持ちが悪くなり、使用できる距離と時間が短くなっていきます。

電池の持ちが悪くなった場合は購入が必要です。

電動自転車のバッテリーの価格は40,000円~50,000円と高額。

レンタル電動自転車は3年ごとにバッテリー交換のサービスがついています。

タイヤとブレーキパッドも消耗や劣化した場合は交換してもらえます。

タイヤは消耗により溝が無くなった場合、劣化によってひび割れした場合は無料で交換。

パンクの場合は自己負担になります。

ブレーキパッドも消耗、経年劣化は無料で交換してもらえます。

 

不要になったら引き取ってもらえる 

購入した電動自転車が不要になった場合、困るのは処分の方法。

粗大ごみに出す、回収業者に依頼する、フリマアプリで売る、知人に譲るなど…費用や手間がかかって大変ですよね。

レンタル電動自転車サービスは不要になったレンタル電動自転車は引き取ってもらえます。

 

電動自転車レンタルサービス 申し込み方法

子供を乗せるレンタル電動自転車

こちらのサイト子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR からレンタルサービスが利用できます。

  1. レンタルしたい電動自転車の種類、期間を選択し注文へ進む選択すると会員登録画面に進みます。
  2. 必要事項を記入して会員登録を行います。お支払方法はクレジットカード決済のみとなるのでご注意ください。
  3. 納品月は月末まで無料期間になります。1ヶ月レンタルの契約は配送日から翌月の同日までとなり無料期間はありません。
  4. 配送日は商品確保の確認が取れたら業者から連絡がくるため、その時に決定します。時間指定をした場合は追加料金がかかるので、ご確認ください。
  5. 電動自転車が届き次第、早速使用することができます!

 

電動自転車レンタルサービス よくある質問

電動自転車のレンタルサービスについて紹介しましたが、気になるところはたくさんありますよね。よくある質問を紹介します。

Q.途中解約について教えてください。
A.残金の一括払いにて途中解約ができます。

Q.保険の取り扱いはありますか?
A.取り扱いはしていません。

Q.盗難にあった場合はどうなりますか?
A.近くの警察に盗難届を出してください。1ヶ月経っても出てこない場合は弁償となります。6万円を一括で支払いになります。

Q.放置撤去された場合はどうなりますか?
A.放置撤去の場合会社に通知が行きます。➀か➁になります。

➀会社が引き取りに行き、9480円の支払いを負担。
集積所から引き取った自転車が故障していた場合の修理費用は自己負担になります。

➁会社に届いた通知書が転送されるので、自分で引き取りに行きます。

 

子供が乗れる電動自転車 レンタルは良い!

子供を乗せるレンタル電動自転車

普通の自転車だと子供を乗せたり、買い物袋を載せたりと重さを感じてこぐのが大変。急な坂道では自転車から降りることも。

電動自転車は楽に速く進むので、体の疲れも少なく、時短にもなりとても便利です。

そして子供が乗れる電動自転車のレンタルは

  • 購入にかかる費用を抑えられる
  • 期間を決めて使用ができる
  • 前乗せから後ろ乗せ、2人用から3人用へ切り替えができる
  • レンタル中の消耗品(バッテリー、タイヤ、ブレーキパッド)交換無料
  • 不要になったら引き取ってもらえる

魅力がたくさんのサービスです。

申し込みはこちら

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

子供を乗せる電動自転車レンタルサービスは実用的で家計にも嬉しいサービス。

ぜひ利用して快適な日常を過ごしましょう!

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。