訪問看護で勤務

ナース服、白衣はホワイトからカラー豊富なスクラブへ!なぜ?由来は?

ナース服って何色のイメージがありますか?

TVドラマの看護師はホワイトの白衣を着ていることが多いかと思います。その印象もあり、ナース服=ホワイトのイメージが強いですね。

しかし、現場は変わってきています!カラー豊富!

訪問看護ではホワイトを取り扱っているところは見たことがありません…。

白衣とは?

「白衣っていうから白でしょ?」と思うかもしれませんが、違います。医療機関で着る制服を総称して白衣と言います。カラーの制服を着ていたら、カラーの白衣と言います。(ややこしい…)以前は医師や看護師は「ホワイトの白衣」を着用しているのが当たり前でした。その名残で制服は総称して「白衣」といいます。

なぜホワイトからカラーへ

緊張させない色

患者さんから「白い白衣を見ると緊張する」「血圧があがる」と言われることがあります。小児の場合は「注射される、こわい」という恐怖感がでることも。白い白衣は緊張させる、圧迫感を感じさせるといったマイナスなイメージもあります。患者さんが落ち着くことができるよう、カラーを取り入れることが多くなってきました。

TVドラマの影響

医療系のドラマで医師がカラーの白衣をきていることが多いですね。看護師にもカラーの白衣をという流行もあります。

スクラブ

スクラブという白衣。「スクラブ=洗う」という意味がありますが、その名の通り「ごしごし洗っても大丈夫」なほど生地は頑丈で痛みづらい、ポリエステルでできています。医療現場では様々な汚れがつくので、しっかり洗えるのは嬉しいですね。形状記憶もされるので、洗った後アイロンを使用しなくても型くずれすることはありません。速乾性があるので、汗をかいた後、洗濯をした後も乾きやすいです。Vネックのラインのため首元は締め付けず、すっきりしています。

女性にオススメのスクラブ

スクラブはミズノ、アシックス、ワコールなど、様々なブランドが販売しています。いくつかのメーカーのスクラブを着用したことがありますが、女性はワコールがオススメです!

スクラブってストレートでくびれのない形が多いです。大きめのデザインで動きやすいという意見もありますが、フィット感が無く作業のジャマになることがあります。そして大きめのデザインだと袖口が気になります…。脇がみえる…。

しかし、このワコールのスクラブは、ボディラインをすっきりみせ、ヒップまで隠れる少し長めの丈でスタイルが良くみえます。ワコールのスクラブは袖口の下側がゴムになっているので、開きすぎを予防できます。

ケーシー

ケーシー白衣は首元がタートルネックのようになっている、丈の短い半袖の白衣になります。名前の由来は1960年代に放送されていたアメリカのドラマ「ベン・ケーシー」からきています。デザインとしては昔の床屋さんがきていた白衣になります。
実は中世までは医師ではなく床屋が外科手術を行っており、その名残で着用されていました。

 

男性看護師やリハビリの方が着用することが多いです。整骨院や鍼灸院でも使用されているスタイルです。スッキリとした見た目で動きやすいように作られています。動きに制限がないゆったりしたデザインです。

スクラブと違い首元まで隠れているデザインも多く、インナーを選ばず着られるのが嬉しいという声もあります。

スクラブほどではありませんが、ケーシーもカラーのラインナップが増えてきました。

訪問看護はホワイトの白衣はない

訪問看護は自宅に訪問して看護をします。生活の場に入ること、人によっては医療者が嫌いなことも…。その人の生活スペースに違和感なく入れるように、ホワイトではなく、カラーの白衣を使用しています。

アロハシャツや、ポロシャツが制服のところもあります!

着用するスタッフのモチベーションも上がる

デザインやカラーも豊富になってきた白衣。スタッフも好きなデザイン、カラーを着用できると嬉しいですよね。

毎日の気分に合わせてスクラブのカラーを選んでいます!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

 

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。