訪問看護で勤務

ステーション勤務初日

ステーション勤務初日

いろいろあってサテライトからステーションへ異動となりました。

ステーションはサテライトと比べるとスタッフが多いです。

職場に看護師がいる!

そして、何よりもうれしかったのは「看護師」がいました!

私の勤務していたサテライトは看護師がいませんでした。

分からないことや不安があってもすぐに相談できず、孤独な日々を送っていました…。

管理者さんがいろいろ気にかけてくれてたんですけど、

そばに同職種が「いる」「いない」では大違いでした。

これから訪問看護、訪問リハビリをしたいと考えているみなさん!

初めて訪問の勤務をする方。

勤務地に同職種がいるか、いないか確認した方が良いです!!

同職種がいるってたいせつ!

病院と自宅での生活って全然違って。

病院だと病院のルールがあるけど。

自宅だと一人ひとり住環境も、1日の過ごし方も、その人ルールも全然違います。

その人が自宅で過ごせるようにサポートするのが私たちの役割です。

そこが楽しいところだけど難しい!悩むこともある。

そばに相談できる同職種がいるって大切です。

しかーし、オンコールがある

異動したステーションはオンコールを取り入れたばかりのところ。

オンコールとは

24時間365日緊急の連絡や緊急の相談、緊急時の訪問依頼等に対応することです。

訪問看護ステーションによってオンコール対応しているところ、していないところがあります。

オンコールはステーションすべての利用者さんに対応ではなく、別に契約が必要です。

介護保険、医療保険で使用できます。

介護保険だと「緊急時訪問加算」になります。

これはケアマネジャーのケアプランの中に入っていないといけません。

医療保険だと「24時間対応体制加算」になります。

ステーションの業務に慣れてから徐々にオンコール当番をすることになりました。

新たなスタート!

ステーション異動となり、新たな利用者さんの引き継ぎ。

よく分からない疾患や薬もあって、調べて、聞いて。

支え合えるスタッフがいるから大丈夫!

地理も覚えないといけません。元々地理は苦手なのでパニックです。

google先生がいるから大丈夫!

ゼロからのスタート、いちからのスタートではありません。

今までの経験があってのスタート!

ステーション勤務が始まりました。

\記事を書いたはるかのプロフィールはこちら/

ABOUT ME
はるか
訪問看護パートで週3日+副業で生活しているナース。 看護学生卒業後は三次救急の病院に就職。 フルタイムで働き心身共に疲弊する生活に疑問を抱きながら 「家族のために、患者さんのために、職場のために」 と思い日々頑張っていました。 「幸せってなんだろう。自分のために生きたい。」 と思い、働き方をガラッと変え副業を始めました。 私は今、生活にも時間にもゆとりがあり、毎日幸せを実感しながら日々過ごしています。 詳しいプロフィールはカテゴリーの自己紹介からどうぞ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です