訪問看護で勤務

サテライトからステーションに異動

サテライトからステーションに異動

サテライト勤務して数ヶ月が経過したころ。

なんとか日々の訪問をしていました。

ですが、スタッフとの関係、そのスタッフが関わっているケアマネジャーとの関係がうまくいかず…

面倒くさい人ってどこにでもいるものですね。

今となっては過去ですが、当時は本当に辛かったです。

スタッフはあくまで会社のスタッフの一員として訪問しているわけで…

ケアマネジャーとの関係構築方法に疑問があります。

会社にそんなに不満があるなら辞めれば?と思うのですが。

居場所がないのでしょうか。

すべての人に平等にあるのは命と時間です。

その命と時間を投資して働いています。

だったら楽しく働けば良いのに。

楽しくないなら楽しい居場所を見つければ良いのに。

楽しい居場所を見つけるのも、つくるのも自分次第ですね。

不満のあるところで働く意味って何でしょう。

給料も良いわけでもないのに。

自分がどう死ぬのかは分かりません。

ですがいつか死にます。

いつか死ぬんだったら、「嫌だ」と思うことでなく「好き」「楽しい」と思えることをたくさんしたいです。

トラブルがあったことを管理者に相談しました。

管理者にステーションへの異動を勧められました。

異動を提案してくださり、本当に感謝しています。

サテライトからステーションへ異動することになりました。

ABOUT ME
アバター
はるか
三次救急病院の病棟7年勤務、現役訪問看護師。看護学生を乗り越え、三次救急の病棟に就職。業務に追われてあっという間に7年経過。新たなステップアップのため訪問看護へ転職。はじめは戸惑いが多かったけど、楽しい日々をおくる。生と死に向き合ってきた今までを振り返り、 限りある命、人生、時間をどこに投資するか考えさせられる。「人生とは投資であり、投資とは人生である。」訪問のお仕事、看護について、健康など日々学んだことや投資を記事にしています。